スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけまして

おめでとうございます。


去年に引き続き、今年も大変だけど

地震、台風、荒波をかわし

みんなが毎日を平凡に過ごせますように。



本年もよろしくお願い致します。




今年は年男!

っていいことあるの?
スポンサーサイト

う゛ーん!! エヴィバディパッション!!

そうだね。プロテインだね。


写真 12-04-12 23 39 44_R

ロスアンジェルスからお取り寄せたったwwwwww

思ってたよりだいぶでけえwwwwwwwww

今日から僕も、マッスルボディ!!







朝走ってたら桜が咲いていたので、仕事後に花見にいったよ!!



写真 12-04-12 21 48 02_R


写真 12-04-12 23 35 37_R


彦根城こんなきれいだったのか!!

知らなかった!!

仁王立ちおじさんは右曲がり

高校の同窓会だった!!
なんだかんだみんな変わってなかった。と思った。

結婚する人とかいて、大人になったというか悲しくなった気がする。
自分ではまだ結婚なんて全然考えられない
友達みたいな子といっしょに住むのはいいけど
それ以上の何かになるのはまだできない気がする。

子供が生まれて、お父さんになって、家族を支えていく。
何も変わらないけど、何かが変わっていく。そんな感じ。

だめだな、ずっと無邪気で純粋でいたいな。
結婚とかするのかなー、考えられないな。



で、同窓会は居酒屋いってわいわいした後、ボーリングいって
終電の時間近くになったので、駅までみんな見送って帰ろうとしたら
私もこっちなの。っていってきたから
じゃー、いっしょにいこっかって帰ってたら

途中でふっと立ち止まって・・・











こwwwくはwwwくwwwさwwwwれたwwwwwwwwww




僕にもまだこんな青春イベントが残されていたとは・・・。

生きててよかったー!!

日曜日の絶望感

月曜日 あと4日・・・ジャンプで紛らわせる

火曜日 あと3日・・・特に何もない、絶望

水曜日 あと2日・・・半分キター!

木曜日 あと1日・・・がんばろう・・・

金曜日 今日で終わり休み休み!! でもやる気はでない。

金曜日夜 最高級に幸せの瞬間。全てのしがらみから開放されたようなそんな気分。酒がうまい。

土曜日 明日も休み!!なんでもできる!!でもすることない!!

日曜日 終わった。明日からまた仕事。あぁ、終わった。もう何もする気が起きない。



仕事始めてからさらに無気力になった気がする。
終わって帰ってきたら、テレビ見ながらゆっくりご飯食べて、お風呂入って、ボーっとして寝る。

あんなに毎日やってたゲームすらやる気が起きない。
昔は仕事始めても、おっさんになっても俺はずっとゲームしてると思ってた。
仕事を始めたら少ない自分の時間を有意義に過ごせるようになるかと思ってた。

まったくそんなことなかった。やる気なんてこれっぽっちもでない。
まだ仕事に慣れきってないからかな?
そうでありたい。




友達か誰かと暮らしたいなぁ

仁王立ちおじさん*シモネタ注意*

仕事をすること早二週間

あんなに働きたくないと思っていたのに
いざとなるとなんとかなるもんだね
仕事自体はいまんところ楽ちんちんなんだけどね



そんな職場で衝撃的出会いがあったんだ!!
お昼ごはんを終え、僕はトイレへ向かった。


通常、男子たるものおしっこするときは、おてては支えるなり添えるなりする。


2_29_1.png

小さい子からおじいさんまで世の中の男子の98%はおそらくこの構えです。


しかしそのおじさんは違ったんだ。
左手は下にびゅんと下ろし、右手には携帯をビシッと正面に構え、足は大きく開いていた。


2_29_2.png


手を添えない、これが男にとってどれだけのことかは言うまでも無いだろう。
僕はその男らしいどしっとした態度に感嘆の声を上げた。


「仁王立ちおじさん」
そのおじさんを僕はそう呼ぶことにした。(脳内で)




しかし、事件は起こった。


別の日、僕が入り口に一番近い便器で用を足していると、仁王立ちおじさんが入ってきた。
仁王立ちおじさんは一番奥の便器に向かった。

今日も仁王立ちなんだろうか。

僕は用を足し終え、洗面所へ向かい、手を洗いながらそっとおじさんの様子を伺った。


ポーズは前回と同様、仁王立ちに携帯だった。

しかし何かがおかしい。
おじさんの角度が便器に向かって60°である。
僕は嫌な予感を感じた。

そしてすぐにそれは現実になった。

「びちゃびちゃびちゃー」

水分が地面を打つ音が聞こえる。
そして仁王立ちの足の間からは少し黄色いおしっこが見え、それは儚くも便器を外れタイルの床をぬらしていく。
音で気づきそうなものだが、本人は携帯を見ているためか気づくことはない。

僕は何も知らぬ顔で急いでトイレを後にした。

黄色い水溜りだけを残して。





男子たるもの、おててはしっかり添えましょう!!

プロフィール

Ban_Gakkun

Author:Ban_Gakkun
非凡にあこがれ続けてきたけれど

平凡に生きたい年頃になりました

日本一週したいです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。